会社が10年続く確率は6.3%!みたいです

16社のうち15社が消えていく時代に、今なぜ、<婚活生活>が存在するのか?を考えてみました。
今回は、経営者目線と実体験から紐解きをしてみます。

◆結婚相談所の現状

数年で廃業する会社が多い一方で、
コロナ禍で「新しい結婚相談所」
がどんどん増えております。

≪結婚の価値と大切さ≫が社会に認められて始めてる証なのでは?!と感じております。

もう少し、深堀りします

◆なぜ、「結婚相談所」が増えたのか?

(理由)
①婚活パーティーができないから
②婚活アプリでは上手く行かないから
③ご成婚迄サポートできるのは結婚相談所だから

「人は一人じゃ生きられない!」
結婚して家族を持つ人生を選ぶこと
が求められています。

◆なぜ、「結婚相談所」は減っていくのか?

(理由)
①会員様が集まらないから
②会員様の満足度を上げられない(間違った方向のサポートになる)のでスタッフが疲弊するから
③途中で諦めてしまうから

ビジネス目的が強めで起業
想定していた成果イメージと
かけ離れたままのとき、
未来の希望を捨てて廃業の道を選びます。

◆なぜ、<婚活生活>が10年目を迎えられたのか?

結婚相談所は、誰でもできる時代は終わり、私だからできる人だけ継続できる専門職になりました。

「結婚してるから、結婚したことがあるから、アドバイスできるのでしょうか?」→×

婚活生活は、結婚していない人、離婚経験がある人に、話のマウントを取る様な関わりはしたくありません。

継続できた理由は、とてもシンプルです。

「結婚相手を探せる環境を最大限に生かしてもらいたい!」

「人を好きになり、自分を好きになる時間を経験してもらいたい!」

「人生は一人じゃ楽しくない!」

「良いことも悪いことも受け入れて家族を持つ」と決めた人の選択を全力で支援したい!

独立起業して10年目を迎えてようやく
会社を継続する目的が会員様が幸せになること
と力強く語れる様になれるまで、
途中で諦めずに経営を継続したからだと思ってます。
私が諦めたら結婚する人が減ってしまいます😉

婚活は、相手を想い、自分と向き合う時間の連続です。
一人の楽な時間に慣れてしまった人には
面倒くさいことでもあるので先延ばしにしたくなりますが、

乗り越えた先には、

あなたの幸せ

パートナーとの幸せ✨✨

家族を持つ幸せ✨✨✨

が待っております♪

面談予約受付中