「成婚率は何%ですか?」
確率をとても気にする婚活相談者が増えております。結婚相談所で生涯の結婚相手を探すにあたり、前向きな気持ちで、婚活をスタートする為にも、不安を解消したい気持ちもわかります。結婚相談業界の「現状」と「婚活生活」が考える「成婚率」をお伝えの上この謎を解きたいと思います。

成婚率の謎

「成婚」とは、一般的に「婚約の上カップルで退会すること」をいいます。成婚率(%)の算出方法に共通のルールがありません。算出方法は、各社バラバラですので、ホームページ等へ自由に表記しております。

成婚率の算出方法例
  1. 「成婚率100%」→ 国際結婚で成婚した人など
  2. 「成婚率75%」→ 自社独自の条件(不明確)で算出
  3. 「成婚率50%以上」→ 退会者のみ(活動中以外)で算出

計算する総数の分母をコントロールすると「成婚率」は高く表記できます。

高い数字は言ったもの勝ちなのでしょうか?
少なくとも「婚活相談者」が知りたいのは、少なくとも、例1~3のような数字ではないと思います。

現実は、1~2年後に、

  • 成婚退会してるか?
  • 活動をあきらめてしまったか?
  • 婚活継続中か?

この三択のどれかです。

婚活生活では【婚活継続中】が入ってない算出方法は「わかりにくい」と思っております。
各社バラバラな算出方法の中で、婚活生活が考える「成婚率」は【婚活継続中】も総数に含めます。
基準日(2015年12月31日現在)を決めると、
2013年~2014年の婚活生活は、

  • 「成婚退会者41%」
  • 「退会者13.6%」
  • 「婚活継続中45.4%」

に分けられ、【成婚率41%】となります。
~ ちなみに婚活継続中を含めない例3の計算方法だと成婚率は75%となります^0^ ~  
ということを「婚活希望者」の皆様は1番知りたいのではないでしょうか。
賛同して頂ける結婚相談所と共に力を合わせ、今後共、成婚カップルを増やして行きたいです!

woman1

~婚活生活の気持ち~
  1. 成婚退会者の皆様→「おめでとうございます。」
  2. 退会者の皆様→「お力になれずにスイマセンでした。」
  3. 婚活継続中の皆様→「活動中こそ主人公です!一緒に幸せ見つけましょう!」